生活雑記

ルンバなどロボット掃除機のメリットは意識改革にあり。これ1台で時短とルーティンを獲得できる!

ロボット掃除機01

皆様はルンバを始めとするロボット掃除機はお持ちでしょうか?
我が家は基本的にあらゆるものにケチケチしておりますが、生活を楽にするためのアイテムには割と手を出しがちです。
その中でも我が家で重宝している家電筆頭がロボット掃除機でございます。

今回はそんなロボット掃除機のメリットについて思うところを書いていきますよ。

ロボット掃除機のメリット。

掃除の苦労が半分以下に。なんたって自動です。

ロボット掃除機のメリット言えばやはりこれです。
基本私は面倒な掃除が大嫌いですので、掃除にかける手間と時間を大幅に圧縮できるのは絶大なメリットと言えるでしょう。

ロボット掃除機が世に出る前は、掃除機メーカーはいかに掃除を効率よくできるかに注力して掃除機を開発していました。
しかしその考えには大きな欠陥があり、私のような「できれば掃除したくない!」という考えを持っている人間のニーズを汲み取ることはできていませんでした。
よくよく考えれば掃除なんて大概の人はやらなくて済むならやりたくないですよね?
掃除大好き人間も一定数いるとは思いますが掃除なんて娯楽ではなく義務みたいなもんなんですよ。

三本松
三本松
実際に若い頃は全然掃除しなくて床一面がビニール袋や雑誌、紙くずで埋まった時期がありました。
毒猫
毒猫
そんな汚いカミングアウト要らねえよ!
三本松
三本松
いやでも生ゴミはちゃんと捨ててたからいわゆる汚部屋とは違うからね?
毒猫
毒猫
普通の人からしたら変わらんわ!

汚部屋の話はともかく、自分で掃除機をかけるとなるとある程度の時間拘束されることになります。
仕事が終わって帰ってきた後、疲れた体に鞭打って部屋中の掃除機をかける、できればやりたくないですよね?

今どきのロボット掃除機にはタイマー機能もついていますので、平日の昼間に勝手に動いて部屋を概ね掃除しておいてくれます。
これは共働きの我が家にとっては非常にありがたいんですよ。
夜に掃除機をかけるのもなかなか憚られますから。

三本松
三本松
ルンバ買う前は掃除が原因で夫婦げんかとかありましたからね。
毒猫
毒猫
共働き家庭にとって家事分担はは火種でもあるからな。

 

掃除機のために床を片付ける癖がつく。

これはロボット掃除機を持っていない人からするといまいちピンとこないかもしれません。
しかし我が家でロボット掃除機を購入したことで得た一番のメリットはこれだと思っています。

ロボット掃除機は所詮掃除機です。
そのため、普通の掃除機で吸えないものはロボット掃除機でも吸えません
ということはポリ袋など吸い口より大きくて柔らかいものに関しては容赦なく噛んでしまいます。
そうするとロボット掃除機はそれ以上掃除を続けることもできずに大抵その場で力尽きることになります。

そこで我々ができることは、ロボット掃除機が力尽きないように床を片付けることだけです。
ロボット掃除機を買って運用を始めると、ポリ袋や紙、紐などを床に放置しないように持ち主がその都度片付けるようになるんですね。

毒猫
毒猫
何だそれ面倒くさいじゃん。

そう思うのも無理はありませんが、ある程度高いお金を出して買うロボット掃除機ですから必然的に元を取ろうという心理が働きます。
ですのでロボット掃除機を買った後の片付ける癖は、大抵の人には心理的な負担もそれほどなく自然に身についてきます。

掃除が嫌いな人は大体、まず床に袋や紙、雑誌などを床に放置するところから始まります。
そしてヤバイなと思って掃除を始めるのですが、掃除機をかける段階になって初めて床の片付けをまとめてやったり、ひどい場合だと掃除機をかけ始めてから床のゴミをなんとかしようとします。
そうなると掃除の手間は2倍3倍ですから掃除機をかける行為自体が億劫になって徐々に掃除自体から目を背けるようになるのです。

三本松
三本松
私も大体このパターンでした。
あっでも生ゴミはちゃんと処分してましたよ?
毒猫
毒猫
その予防線は何なんだよ!!

その億劫な掃除ですが、床の片付けさえ普段からしておけば小さなゴミは勝手にロボットがやってくれるとしたらどうですか?
掃除の手間が半減するとなれば床の片付けくらいならなんとかなる気がしませんか?
しかもタイマー機能を毎日に設定して使えば勝手に毎日仕事中にやってくれるわけですから、毎日床の片付けをしなければならない代わりに片付けるのは1日分でよくなります。
こうして毎日床の片付けを繰り返すと人はある真実に気が付きます。

「袋とか紙はそもそも床に置かないのが一番ラク」

ですので買い物などで発生するレジ袋はすぐに所定の場所に動かすようになりますし、郵便物の封筒やチラシなどは即座に所定の場所に捨てる癖がついてくるのです。

三本松
三本松
バカみたいなことに思えるかもしれませんが、掃除できない人ってこれができないんです。

我々にとって、この思考の変化がロボット掃除機が与えてくれる一番のメリットです。

三本松
三本松
もちろん普段から床をきれいにしている人は意識改革しなくてもただ手間が減るだけですよ。

ロボット掃除機のメリットは主に2つ。

  • 掃除機をかける手間を大幅に圧縮。
  • ロボット掃除機のために床の片付けができるようになる。

特に掃除機をかけるのが大嫌いな人にとっては恩恵が大きいです。
嫌いな掃除をする機会が格段に減る上、今までできなかった床の片付けができるようになるわけですからまさに一石二鳥と言えるでしょう。

ロボット掃除機のデメリット。

さて個人的にはいいことづくめのロボット掃除機ですが、デメリットがないわけではありません。
我が家で保有しているのはルンバ800シリーズですが、こちらを5年ほど運用した上でのデメリットをいくつか上げておきます。

たまに意外なところで力尽きる。続くようなら家具配置の見直しが必要に。

これはタイマー機能で不在時に掃除させるときにたまに起こる現象です。

ロボット掃除機はコードレスですので、ベースに戻らずにずっと動いていればいずれバッテリーが切れて力尽きます。
仕事から帰るとなぜか玄関先で力尽きているロボット掃除機に出くわすこともたまにあります。
おそらく掃除中に脱出しにくい区画に迷い込んで電池を消耗し、ベースに戻る途中で力尽きたのでしょう。

この場合電池が切れているので再度動かして戻ってもらおうにも動くことすらできなくなっています。
そのためそこそこ重いロボット掃除機をベースまで運んで戻さなくてはいけません。

三本松
三本松
大した手間ではないんですが2、3日連続となると結構イラッときますね。

これが何日か続くようであれば、掃除機の動く範囲内に入り口が狭目の袋小路のような場所があることが多いです。
最悪部屋の家具配置を見直さなくてはいけません。

例えば出かける前にテーブルから椅子を少し離しておくなど、ロボット掃除機の動線が広めになるような家具配置が必要になってきます。

とにかく値段が高い。

私がルンバ800シリーズを買った当初は8万円くらい支払った記憶があります。
今でこそ800シリーズであれば5万円ほどで買えるようですが、価格帯としてはルンバの最新シリーズで8~10万円以上というのはさして変わりはないようです。
他のメーカーでも有名メーカーのものだと安くても4万円台以上の値段がついていますね。

聞いたことのないようなメーカーのものであれば2万円くらいからありますが、私も使ったことはないので効果の程は不明です。
あとマイナーなメーカーだと撤退も早いので、いざ壊れたときの修理部品が手に入りにくくなるというリスクもあります。
個人的にはルンバで満足していますが、ある程度知ったメーカーのものを購入することをおすすめしますよ。

三本松
三本松
昔、安さにつられて知らないメーカーの加湿器買ったけど1シーズンで壊れて修理窓口すらわからなくなったことがあります。
毒猫
毒猫
販売店で取り次いでくれないの?
三本松
三本松
1年経ってないのに
「聞いたことないメーカーですねー(笑)」
とか言われて追い返されたよ。
毒猫
毒猫
安い商品は使い捨てになるリスクと背中合わせってことだな。

ルンバだと修理部品や消耗品などは通販でも容易に手に入るのでおすすめですよ。
ただし家電の延長保証が無力すぎるのでメーカー保証の1年を過ぎたら自分で修理するのが基本になります。

三本松
三本松
延長保証の意味ある?ってくらい高額の修理代を請求されます。
とにかく全ての故障が無償修理対象外ですから。

↑B社の延長保証ですので他の販売店の延長保証については不明です。

我が家では5年ほど前に買ったルンバ800シリーズ(860?)が自前修理で騙し騙しではありますが現役で動いてくれております。
部品さえ購入すれば自分で修理できてしまい、最近の家電にしては長く使えるのでかなり重宝していますよ。

三本松
三本松
5万円で5~6年使えるならまあ悪い買い物ではないですよね。
毒猫
毒猫
その初期費用を許容できるかどうかが分かれ目だな。

鋼のメンタルを持つ怠け者の前では無力。

メリットの項で「ロボット掃除機のために床を片付ける癖がつく」と紹介しました。
これは紛れもなくロボット掃除機のメリットではありますが、怠け者の中にはこれが当てはまらない人も稀に存在します。

普通の怠け者は、片付けをしない要素が積み上がって怠け者となっているため、環境や意識の変化で徐々にそれができるようになっていきます。
しかし、中には怠け者のスーパーエリートというのが存在するわけです。

彼らくらいのレベルになってしまうと、散らかった床の上をロボット掃除機が動こうが動けなかろうがお構いなしの鋼のメンタルを持っています。
もしロボット掃除機を購入したとしても、散らかった床の上でゴミを噛んだまま力尽きたロボット掃除機自身を数多あるゴミの一部にしてしまう可能性が高いです。

三本松
三本松
いわゆるゴミ屋敷の住人のメンタルですよね。
毒猫
毒猫
ねえ何で他人事のように言えるの?

この話を聞いて、

俺はそこまでヒドくないよ!

と思える方であればロボット掃除機は素晴らしいアイテムです。
逆に現段階でゴミ化させてしまう自信のある方は治療が必要かもしれません。

まあ大抵の方はそんな鋼のメンタルは持ち合わせていないと思いますのでそこまで気にすることではないでしょう。

三本松
三本松
元散らかし放題のダメおやじでもちゃんと片付けるようになりましたからね。

ロボット掃除機のメリットデメリットまとめ。

  • 家にいない間に掃除を済ませてくれるロボット掃除機はとにかく便利。
  • 値段は張るが時短の効果は抜群、掃除が原因で夫婦が揉める機会も激減。
  • ルンバのために床を片付ける癖がつくのは本末転倒のようで大きなメリット。
  • 汚部屋レベルの高い剛の者は構わず汚してしまう可能性はあります。
  • 掃除機が途中で力尽きるのを繰り返す場合は、家具配置などを見直す必要があるのは若干面倒。
  • 買って使っている私の個人的な見解は「買い」一択。

こんな感じです。

ロボット掃除機は多少値段は張りますが、「できれば掃除はやりたくない」、「掃除機かけるのはすこぶる嫌い」という方にはうってつけのアイテムであることに疑いはありません。
そして掃除機のために片付けが身につくという見えないながらも絶大なメリットがあります。
ロボット掃除機を買って片付けというルーティンを手に入れてみませんか?

ちなみにロボット掃除機が欲しくてもどれを選んでいいのかわからないという方はとりあえずルンバで問題ないと思います。
やはり市場を開拓したルンバには他メーカー製と比べて一日の長がありますし、部品や消耗品がへたってきたときには通販などで気軽に消耗品を購入できるというメリットがあります。
ミドルスペックの商品であれば5万円台からの商品もありますし、下手に冒険してハズレを引く心配はないと言っていいでしょう。

三本松
三本松
ルンバを使っている個人的な感想ですけどね。

掃除機をかける手間から開放されたい方はぜひ買って存分にラクをしてください。

以上です!

 

ABOUT ME
三本松
三本松
北海道根室市出身、東京都内在住の中年妻子持ちサラリーマンです。 せっかく大学まで出たのに若いうちの時間を浪費してしまいましたが、自分で納得の行く人生を取り戻すべく現在も奮闘中です。 主に過去の失敗から学んだことを記事にして発信しています。